透明な七月

文月十一郎のブログです。

ミラーレスカメラ フジフィルム X-T20 カスタマイズ編

去年末に買ったカメラ、富士フイルムX-T20ですが、だんだんと使い方にも慣れてきました。

少しずつ、使いやすいようにカスタマイズもしているので、現段階での状況など、書いてみたいと思います。

 

外観について

ノーブランドですが、X-T10/X-T20用のハーフケースを買いました。

f:id:fudsuki:20180120150851j:plain

Amazonで買ったけど、今見たら売り切れになってた……)

 

2018/2/3追記

Amazonで再入荷していました。無くなっても都度入荷している感じですかね。

 

 

 

 

装着するとこんな感じ。少しですが、グリップが深くなり、握りやすくなります。

f:id:fudsuki:20180120151645j:plain

重量は44gで、ほぼ変化ありません。フェイクレザー(合皮)製のため、手触りはつるつるで、そこはイマイチなのですが。

レンズセットに付いてくる、標準ズームレンズ XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS は、X-T20には少し重くて、グリップを深くした方が握りやすくなりますね。軽い単焦点レンズならケース等を付けなくても良いかもしれません。

背面はほぼ丸出し。液晶をチルトしても問題ありません。

f:id:fudsuki:20180120152833j:plain

装着したまま、バッテリー/SDカードの交換も可能です。

f:id:fudsuki:20180120153541j:plain

ボタンカスタマイズ

X-T20には、カスタマイズ可能なボタンがたくさんあります。ので、これらも少し変更してみました。

まずは、上面から。

f:id:fudsuki:20180120154033j:plain

まず、右上のFnボタンですが、これは測光モードの変更に割り当てました(デフォルトはドライブ設定)。

それから、背面ダイヤルプッシュはISO感度調整に。そして、デフォルトでここに割り当たっていたフォーカスチェック(ピント部の拡大)を、左側のAE-Lボタンに変更しました。AF-Lはデフォルトの通り、AFロックです。

 

続いて、背面。

f:id:fudsuki:20180120154839j:plain

十字キーを、それぞれ下記のように設定。

  • 上ボタン(Fn2):AFモード(デフォルトの通り)
  • 左ボタン(Fn3):フィルムシミュレーション(デフォルトの通り)
  • 右ボタン(Fn4):ホワイトバランス(デフォルトではフラッシュ設定)
  • 下ボタン(Fn5):フォーカスエリア選択(デフォルトの通り)

 

メニューカスタマイズ

背面のQボタンで出てくるメニューは、下のように変更してみました。

f:id:fudsuki:20180120160043j:plain

左上から横方向に、

  • カスタム設定呼び出し、ISO感度、ダイナミックレンジ、ホワイトバランス
  • ノイズリダクション、グレインエフェクト、測光モード、フィルムシミュレーション
  • ハイライトトーン、シャドウトーン、カラー、シャープネス
  • セルフタイマー、AFモード、AF-Cカスタム設定、顔認識AF

というようにしてみました。

と書いていますが、ぶっちゃけ3行目は使ったことがない……。あとカスタム設定も登録していません。

 

ドライブ設定

左肩の、ドライブモードダイヤルの中は、下のような設定にしています。

f:id:fudsuki:20180120161800j:plain

  • CL(低速連写):秒4コマ
  • CH(高速連写):秒8コマ
  • BKT1:露出ブラケット
  • BKT2:ホワイトバランスブラケット
  • Adv.1:トイカメラ
  • Adv.2:ダイナミックトーン

 

現在の設定内容は以上となります。

まだ使い始めたばかりですし、今後、変わっていく可能性も十分にありますが、とりあえずはこんな感じで。

「こういう設定にすると便利だよ」とかいう話があれば、教えていただけると幸いです。