透明な七月

透明な七月

文月十一郎のブログです。趣味のことなどをつらつらと。写真多め。

クリップオンフラッシュ GODOX TT350

カメラ用フラッシュ、GODOX TT350を買いました。

 

 

純正フラッシュが重い

カメラ用のフラッシュは、フジのEF-X500というモデルを使っています。

販売時点ではハイエンドモデルだっただけあって、光量や使い勝手は申し分ありません。ただ、重たくてでかい。

今までは室内での撮影が主だったので、それほど気にならなかったのですが、ドール撮影を始めて、外に持ち出すことが多くなってくると、この重さがネックになってきました。

また、ドールって比較的近い距離で撮影するので、光量もそこまで必用無いことが分かってきました。たとえば、前回の記事の写真も、オートから少しマイナスした光量で撮っています。

fudsuki.hateblo.jp

GODOX TT350

もう少し軽いフラッシュが欲しい……ということで調べていたら、GODOX TT350というのが良さそうと言うことになり、買ってみました。

 

 

GODOX(ゴドックス)は中国のライティング機器専業メーカー。日本でも使っている人は多いようです。自分も名前は知っていましたが、購入するのは初めてです。

同じ品名で、カメラメーカー別に製品が分かれているので、購入時には適合する機種を選ぶ必要があります(富士なら350"F")。

 

というわけで、購入したのがこちら。

左がEF-X500、右がTT350。明らかに大きさが違います。

持ってみると、重さもTT350がずっと軽い。測ってみたら、EF-X500が電池込みで482g、TT350が258gでした。TT350は小さい上に、電池2本で動くのでより軽くなっています(EF-X500は電池4本必要)。

 

カメラ(X-T5)に取り付けるとこんな感じ。

EF-X500。

 

GODOX TT350。

TT350がずっとコンパクトです。

 

TT350とEF-X500 スペックの違い

もう少し細かくスペックの違いを見ていきます。水色背景は優れている点です。

 

  TT350 EF-X500
ガイドナンバー 36 50
フラッシュ範囲 24~105mm(35mm換算) 24~105mm(35mm換算)
バウンス角度 上 90°~下 7°、左 90°~右 180° 上 90°~下 10°、左 135°~右 180°
露出制御 TTL、マニュアル、マルチ TTL、マニュアル、マルチ
調光補正 ±3段 1/3刻み ±5段 1/3刻み
配光特製調整 なし 光量優先/標準/配光優先
ハイスピードシンクロ 最大1/8000秒 最大1/8000秒
電源 単3形電池2本(ニッケル水素電池推奨) 単3形電池4本(ニッケル水素電池推奨)
チャージ時間 2.2秒 2.5秒
フル発光回数 約210回 約170回
LEDビデオライト なし あり
リフレクターパネル あり あり
ワイドパネル あり(35mm換算14mm) あり(35mm換算20mm)
ディフューザー 同梱 同梱
サイズ(伸張時) 140 x 62 x 38 mm 178 x 67 x 50mm
重量(電池含まず) 200g 380g
重量(電池含む) 258g 482g

EF-X500は大光量で多機能、その分重くて大きい。TT350は光量そこそこ、シンプルで軽量なのが分かります。

 

TT350とEF-X500 写りの違い

さて、肝心の写りはどうでしょうか。ドールをモデルに軽くテストしてみました。

レンズはXF33mmF1.4 R LM WR(換算50mm)をF4に絞って撮影。ISO800で固定です。シャッタースピードはオート。フラッシュはどちらもTTLで光量オートです。被写体までの距離はおよそ70cm。

 

直接照射

まず、フラッシュの光を直接被写体に当ててみます。

まず、EF-X500。

 

次に、TT350。

シャッタースピードはどちらも1/60sでした。

……ぶっちゃけ、ほとんど違いが分かりませんね。EF-X500の方がわずかに赤に寄ってる感じでしょうか。

 

天井バウンス

次に、室内撮影でよくやる、天井バウンスを試してみます。光を被写体に直接当てず、天井(や壁)に反射させる手法です。

EF-X500

 

TT350

 

こちらは、明確に差が出ました。天井バウンスでは一度反射させるため、光が減衰するので、光量の大きさが重要になるようです。

 

屋外撮影

屋外でのフラッシュ撮影も試してみました。夕方なので、太陽光はあまり強くありません。レンズはXF33mmF1.4でF2。シャッタースピードはオート。

EF-X500

 

TT350

……見事に飛んでますね。

試しにTTL -3にセットしてみたけど、まだ飛ぶ。

 

フラッシュにディフューザーを付けたらわりと良くなりました。

 

ディフューザーは、こんなのを使ってます。

 

純正よりは扱いづらいけど、軽いのは正義

いろいろ試してみましたが、やはり純正品であるEF-X500は優秀だな、と感じました。重さが気にならない、自室での撮影ではこれまで通りEF-X500を使うことになるかと思います。

一方で、外に持ち出すときは、やはり軽さが重要になりますので、TT350を使っていこうと思います。光量も、ドール撮影には十分そうですし。ディフューザーは必須な感じですが、重さ・容積ともたいしたことは無いので一緒に持って行くことにします。

 

あじさいとドール

アジサイのシーズンということで、アジサイを背景にドール栗原ネネさんの写真を撮りに行ってきました。

機材は、FUJIFILM X-T5に、単焦点レンズXF33mmF1.4 R LM WRとフラッシュEF-X500という組み合わせ。フィルムシミュレーションはASTIAを使っています。あと、ドールの高さを合わせるために三脚も。

場所は、ほぼ毎年行っている、多摩川台公園です。

fudsuki.hateblo.jp

 

白い衣装ということもあり、白っぽいアジサイと。

 

花は7~8割ほど咲いていて、ちょうど見頃でした。

 

人のいる時間帯を避けて早朝に来てみましたが、晴れていて絶好の撮影日和。……むしろ暑い。

 

すこし引きで、ピンクのアジサイと。

 

紫のアジサイ

 

階段のたもとで。

 

階段の途中。

 

ちょっと上からのアングル。

 

木もれ日の当たる場所で。

 

ガクアジサイと。

 

背景の柔らかなボケ味が一眼カメラ+単焦点レンズの魅力。これは少し絞ってますが。

 

先程とは別の階段で。「多摩川台公園」という名前の通り、丘の上にあるので階段は結構多いのです。

 

ちょっとすました感じで。

 

1時間ほど撮影して、人も増えてきたので撤収。

早起きしたので、これを書いてる今、すごく眠いです……。

 

ドールとバラ

5月はバラのシーズンということで、ドールを連れて撮影に行ってきました。

場所は、以前にも行ったことがある芝浦中央公園。規模は小さいですが人も少ないので撮影にはうってつけのスポットです。ピークは少し過ぎてしまっていましたが、まだ多くの花が咲いていました。

 

 

機材は、X-T5に、単焦点レンズXF33mF1.4 R LM WRとXF14mmF2.8 Rの2本を持って行きました。あと、フラッシュEF-X500も。

フィルムシミュレーションはASTIA。

 

XF33mmF1.4 R LM WR

フルサイズ換算50mmの標準レンズ。4000万画素センサーに対応した高い解像度と、ボケ味の滑らかさが魅力です。

ただ、被写体のバラとドールの位置が合わない事が多いため、やや絞って(F4~F8ぐらい)撮った物が多くなりました。

 

XF14mmF2.8 R

フルサイズ換算21mmの超広角レンズですが、寄せて撮った場合どうなるのか見たくて持って行きました。

写る範囲が広いため、露出の調整が難しいですね。あと、33mmに比べてボケがあまり綺麗ではないので、絞ってつかうのが良さそうです。

構図的には面白い写真が撮れるんですけどねー。

 

余談ですが、撮影中に、近くを通りがかった幼児に「かわいい」って言ってもらえたのが嬉しかったです。

 

飯能ぐるっとお山歩(天覧山・多峯主山・吾妻峡)

花粉症のシーズンも終わったので、久し振りに山に行きたくなりました。

とは言え、去年の秋以来の本当に久し振りなので、今回は軽めの所……で、飯能に行ってみることにしました。

 

 

天覧山

池袋から電車に乗って、9時ごろ飯能に到着。最初の目標地点、天覧山へ徒歩で向かいます。天候は曇り。暑くも寒くもなく、ちょうどいい山日和です。

途中の観音寺で安全を祈願。ゾウさん健在。

 

天覧山入り口の近くに美味しいパン屋さんができた、という話を聞いたのですが、オープンまで時間があったので、今回はパス。

天覧山は「ヤマノススメ」のイベントがある度に登っていたので、余裕……うそ。結構キツい。序盤の坂が急なんですよねここ。

 

頂上へ行くルートはいくつかあるのですが、今回は岩場のほうから。

十六羅漢像の前を抜けて

細くて急な石段を登っていきます。

 

頂上の展望台が見えてきました。

 

到着!

 

曇っているので見晴らしはイマイチ。

 

でも富士山は意外とハッキリと見えました。

 

肉眼ではよく分からなかったけど、スカイツリーがギリギリ写ってました(望遠で撮った写真をさらにトリミング)。

 

多峯主山

天覧山から、多峯主山(とおのすやま)に向かいます。

 

山道を下っていくと、ちょっと開けたところに出ますので、案内標識に従って道を進んでいきます。

 

「見返り坂」と呼ばれる坂道に到着。源義経の母、常盤御前がこの山を登ったときに、風景の良さに何度も振り返った、という逸話があるそうです。

 

上から見返ったところ。良い景色、かなぁ……?

 

ついまっすぐ進みたくなるけど右が山頂に続く道。こんな分岐が何カ所か。

 

山頂まであと少し。右は鎖伝いに登る急坂。左の石段を選びます。

 

到着ー! 天覧山の頂上から50分ほどでした。

 

頂上からの眺め。

 

山間に作られた新興住宅街。

 

ちょっと早いですが、ここでお昼ご飯をいただきます。コンビニ飯ですが。

 

しばらく休んでから、今度は別ルートで下山します。頂上はひとつだけですが、登山道はいくつもあるので、事前にチェックした地図とGPSを見ながら慎重に進みます。

 

でも道を間違えた……。

なにやら大きな岩が祀られている箇所に出ました。

 

黒田直邦、という江戸時代の人のお墓らしい。

 

地図を見直して、正しいルートに復帰。

御嶽八幡神社という小さなお社。

見ていた地図にこの場所の記載が無くて、離れたところに「御嶽八幡神社」とあったため、かなり悩みました。こちらが「奥宮」で、別の場所にあるのが「里宮」ということらしい。小まめに地図を見ながら下っていきます。

案内板が出てきたので、どうやら正しい道の模様。しかし、謎の木彫りオブジェが気になります。

 

石の鳥居をくぐると、道はようやく緩やかに。

 

道の脇には小川が流れていました。

 

しばらく歩いていくと、金属製の鳥居。ここが登山道の出口(入口)のようです。無事下山です!

多峯主山山頂から約1時間でした。

 

吾妻峡

山歩きはここまでなのですが、少し足を伸ばして、吾妻峡、という渓谷に向かいます。

随所に案内板が立っているので迷うことは無いと思います。思いっきり私道みたいな道を進んでいくのがちょっと不安ですが。

 

河原に通じる道を進んでいくと、石が飛び飛びに並べられた、ドレミファ橋が見えます。踏んでも別に音は鳴りません。

 

橋の中心から上流方向を。流れているのは入間川

 

下流方向。いかにも「渓谷」といった風情です。

 

水は澄んでいてとても綺麗。

 

河原沿いに下流方向に進んでいきます。

 

途中で、コスプレイヤーさんの撮影会と思われる集団がいました。有名な撮影スポットだったりするんですかね? かく言う自分も、「ここにドール連れてきて撮りたい」と思っていたのですが。

橋が見えてきたあたりに出入口があるので、そこで地上に戻ります。

 

COTORIDOとタイムズマート

徒歩で飯能市街地へ。あとは帰るだけなのですが、そのまえに寄りたい場所が2箇所。

一つ目がこちら、クレープ屋COTORIDOさん。

 

 

つい最近オープンしたばかりですが、店長さんがアイマスPということで、その筋には有名なお店(笑)。

クレープというと、フワッとした生地を思い浮かべるかと思いますが、ここのクレープは、とても薄く、固くパリパリとした食感。それを焼きたてアツアツでいただきます。

おすすめとあった「極み・シュガーバタークレープ」をいただいたのですが、溶けたバターの香りが食欲を誘います。そこに上質な砂糖の甘みが来るわけですから、当然、美味しいわけですよ。あっという間に食べ終えてしまいました。

 

もう一店は、「ヤマノススメ」ファンならお馴染みのタイムズマートさん。実はいままでタイミング悪く入ったことが無かったのです。

 

店内には(店外にも)無数のヤマノススメグッズ。こちらでもおすすめのゆずソフトクリームをいただきました。ここなちゃん仕様のショートコーンです。

 

気付けば徒歩数2万2千歩。かなり疲れました(これを書いてる今も筋肉痛が抜けません)が、楽しいお山歩でした。

 



アイマスドール部の活動報告: MBF15参加レポート

2024/05/04に東京・浅草で開かれた、アイマスオンリー即売会「My Bset Friends (MBF) 15」に行ってきました。

目的は薄い本……ではなく、企画展示となる、アイマスドール部に参加するためです。

 

 

全体写真

最終的には、67体のドールが揃い、大盛況でした。

メイン卓。当初はこのテーブル2本の予定だったのですが。

 

見ての通りいっぱいになってしまったので、急遽、テーブルを2本追加するという事態に。

 

U149

左に置かれたテーブルには、アイドルマスターシンデレラガールズU149に登場するアイドルたちを配置。

 

同じアイドルをモチーフにしたドールでも、オーナーさんによって違いが出てくるのが面白いところ。

 

ミリオンライブ

メイン卓の左側には、ミリオンライブの登場アイドルが並べられました。

 

シャイニーカラーズ・学園アイドルマスター

中央付近には、シャイニーカラーズと、新作の「学園アイドルマスター」のドールが。ゲームがまだリリースされてないのに、なんでもうドールを作ってるんですかね……。

 

シンデレラガールズ

メイン卓右側と、右側に置かれたテーブルが、シンデレラガールズのドールでした。

 

数が多かったため、いくつか撮り漏れがありました。すいません。

 

最後にうちのネネさん。

 

見応えばっちりで楽しめました

単純に、これだけの数のドールが集まることもなかなか無いと思いますし、それぞれにプロデューサーさんの愛を感じることができて、見て(撮って)いて楽しかったです。

アイマスドール部は、企画等はDiscordで。ドールの相談なども受け付けています。

X(旧Twitter)では、ハッシュタグ #アイマスドール部 #デレマスドール部 #ミリマスドール部 #シャニマスドール部 で活動しています。興味あればぜひご覧ください。

 

おまけ:無料配布ペーパーくばりちゃん。アイマスではないですが可愛かったので。

2024/05/05追記:月菜ちゃんと言うそうです。オーナーはかよう(@kayoutakahashi)さん。

羽田空港で飛行機撮影

飛行機を撮影しに、自転車で羽田空港に行ってきました。

 

 

多摩川を下って羽田空港

GW前半の4月29日、暑くも無く寒くも無く、日差しも弱めという絶好のサイクリング日和だったので、自転車で羽田空港まで行ってみることにしました。多摩川に出て、多摩川沿いに下るという、実に簡単なルートです。

丸子橋からスタート。

 

大田区側のサイクリングロードをひたすら下流に向かって進みます。車はいないし信号もないので走りやすい(歩行者には注意して安全運転で)。

途中の河川敷でお祭りをやっているようで、龍が舞っていました。

 

1時間ほどで、大師橋に到着。斜張橋はかっこいい。

 

そこからこらに進んで鳥居に到着。ここまでは以前来たことがあります。

 

鳥居の左側の道を進んでいくと、右手にスカイブリッジ、左手にエアポートガーデンという施設が見えます。

エアポートガーデンには有料駐輪場があって、わりと空いていたので、ここに自転車を止めることに。丸子橋からは途中で少し休んで1時間半ぐらいかかりました。

スカイブリッジの上から。

 

エアポートガーデンにはレストランやショッピング施設が入っています。ここで食事をして、直結している羽田空港第3ターミナルに向かいます。

 

第3ターミナル展望デッキ

第3ターミナルは国際線ターミナルなので、さまざまな飛行機を見ることができます。

 

A滑走路では離陸していく姿も見ることができます。

 

大空港なだけあって、次から次へと飛び立っていくので、見ていて飽きません。

 

第1ターミナル展望デッキ

続いて、第1ターミナルに。ターミナル間は無料シャトルバスが出ているので、これに乗って移動します。

第1ターミナルはA滑走路を挟んで、第3ターミナルの反対側。見える滑走路もA滑走路です。向きは反対になります。

第3ターミナルより飛行機との距離が近いのか、エンジン音や燃料のにおいがハッキリとわかります。

 

当然、A滑走路から離陸する飛行機も撮れるわけですが、こちらからだと川崎の工場地帯と一緒に撮ることができます。

 

第2ターミナル展望デッキ

第2ターミナルは国内線のためか、ほとんどANAの機体のみでした。いろいろな飛行機を見たい人にはちょっと残念かも。

 

ただ、ここからはC滑走路という、第1・第3とは違う滑走路を見ることができて、しかもここに着陸するところを見ることができます。かなり見応えあり。

 

着陸もやはり頻繁に行われているため、シャッターチャンス不足は無いと思います。

たまに違う会社の飛行機も降りてきます。

 

飛行機撮影、ちょっと楽しいかも

今回、何気なく撮影しに行ったのですが、なかなか楽しかったです。

単純に、大きな物が広大な敷地にあるというのが非日常的です。

巨大な飛行機が飛び立つ、あるいは降りてくるシーンは見応えがありますし、飛行機はかなり高速で動くので撮影タイミングの難しさもあります。

 

帰りに、メンテナンスか何かで駐機している飛行機が見えたので、自転車と一緒にパシャリ。

 

春のツツジとドール撮影

桜は終わってしまいましたが、ツツジが見頃ということで、近所の公園でツツジを背景にドール撮影をしてきました。

事前にGoogleマップで混み具合をチェックして、ほとんど人がいない6時頃に出かけたのですが、散歩やジョギングをしているお年寄りを結構見かける……。Googleマップの混雑状況はスマホの情報を元にしているので、スマホ持ってない人だと判定できないんですよね。

 

 

機材と衣装

機材は、FUJIFILM X-T5に、標準ズームレンズ XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS。それにクリップオンフラッシュ EF-X500。

ツツジは少し背が高い位置に花が咲いているので、三脚も持っていって、三脚にドールを立てて撮影しています。

 

衣装は、先日のドールズパーティードルパ)51で購入した、アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージデレステ)衣装「メイク・マイ・トレンド」です。

 

全キャラ共通衣装のため、誰に着せてもOKなのが嬉しいところ。今回撮影したツツジとも、ピンク色が上手く合っていると思います。

ゲーム内の描写に合わせて、後ろのテールを縛ってるリボンも水色の物に変更。正面からだとほとんど見えないんですけどね。

 

春のツツジと栗原ネネさん

撮影開始。

 

 

上の4枚はズームの望遠端55mm(フルサイズ換算84mm)で撮った物。人物を大きく、背景を適度に切り取ってくれるこの画角は、ドール撮影でも有用だと感じました。

 

 

こちらはワイド寄りで撮影。撮影距離を取れなかったり、背景を広く写したいときはこうなりますね。

 

 

30mmぐらい。

 

1時間ほど撮影していたら、人が多くなってきたのと、日差しが強くなってきたので撤収しました。

 

最後に公園の中心の池を背景に撮影。

 

知らないおばあちゃんに声かけられたりして、ちょっとドキドキ。「かわいい」って言ってもらえたのは嬉しかったですが。