透明な七月

透明な七月

文月十一郎のブログです。趣味のことなどをつらつらと。

OneMix4 ファーストインプレッション

f:id:fudsuki:20210516105112j:plain

買ってしまいました。One-Netbookの最新UMPC、OneMix4。

 

 

OneMix4を選んだ理由

モバイルPCとしては、ここしばらくMicrosoftSurface Proを使ってきました(Surface Pro 4Surface Pro 7)。

Surface Proは2世代も買うぐらいですので、かなり気に入っていたのですが、モバイルPCとしては、12.3インチ・TypeCoverを付けて1Kg超と、少々大きくて重いのが難点でした。持ち運ぶカバンを選ぶ……。あと、独自の2in1方式のため、膝上に乗せて使えない、というのもやっぱり微妙に使いづらいところ。

なので、もう1まわり小さいPCが欲しい、と思っていたのです。

 

そんな時に、OneMix4の発売と先行レビュー記事を読んで、これは今自分がとても欲しい物じゃないだろうか、と思い、買ってしまったのです。13万円は決して安い買い物ではありませんが。

もともとは4月中に発売の予定だったのが、世界的な半導体不足の影響に遭い、到着したのは5月のGWを開けてからでした。

 

開封の儀

ダンボール箱の中には、OneMix4本体と、先行予約特典のスタイラスペン、そして専用キャリングケースが付いています。ペンの箱が潰れているのが中華クオリティ……(中身は大丈夫でした)。

f:id:fudsuki:20210514224555j:plain

 

箱の中に箱。結構しっかりとした作りで、高級感もあります。

f:id:fudsuki:20210514224727j:plain

 

そして箱の中身。本体と、USB PD充電器、USB Type-Cケーブルが付属しています。あと、保証書や説明書。

自分が買ったのは、Core i5の通常モデルで、色はダークネイビーなのですが、かなり濃い紺色で、光の加減によっては写真のように黒っぽくも見えます。

f:id:fudsuki:20210514225111j:plain

 

開いたところ。

f:id:fudsuki:20210514225352j:plain

思っていたのよりコンパクトだな、というのが第一印象です。

 

Surface Pro7とのサイズ比較。

f:id:fudsuki:20210514225723j:plain

 

開いてのサイズ比較。OneMix4の狹額縁さがよく分かります。

f:id:fudsuki:20210514230156j:plain

 

以下、1週間ほど使ってみての感想です。

 

質感

アルミ製の筐体は、剛性が高く、片手でつまんだり、キーを打っていてもたわんだりという事はありません。

触った感じはさらさらした質感で、好感触。ただ、指紋が付きやすいのが難点です。

ディスプレイのヒンジはやや固い。片手で開けるのはちょっと無理な感じでしょうか。

 

サイズ・重量

227mm × 157.3mm × 9〜17mmというサイズはかなり絶妙。大きすぎず小さすぎず、ちょうどいい感じです。A5サイズの紙より少しだけ大きいサイズ。

重量も、769gとかなり軽量。Surface Pro7が本体のみで775gでしたから、それより軽い。ただ、見た目がコンパクトな分、中はぎっしり詰まってる感が高いですね。

重量バランスは、やや後ろ寄り。とはいえ、ディスプレイを倒しても後ろに倒れたりすることはありません。

スマートフォン(XPERIA5)と、縦の長さがほぼ同じ。

f:id:fudsuki:20210515091804j:plain

 

カメラバッグのタブレット入れにもすっぽりと入りました。

f:id:fudsuki:20210515091925j:plain

 

ディスプレイ

ディスプレイはかなり明るく、コントラストも高め。屋外でも直射日光下で無ければ問題ありません。視野角はちょっと狭め。斜めから見ても色が変わるようなことはありませんが、少し暗くなります。

10.1インチに2560×1600ピクセルを詰め込んでいるため、かなり高精細です。100%のサイズでは、ほとんどの人にとって小さすぎるかと。自分は150%にスケーリングして使っています。

色はかなり青寄り。これも色調整ツールで修正した方が良いでしょう。

ディスプレイ表面は光沢処理がされています。このあたりは好みの問題もあるでしょうが、私はノングレア加工された方が見やすいのと、先の指紋問題もあり、ディスプレイ保護シートを別に購入しました。

 

 

 ついでに、タッチパッド用の保護シートも購入。

 

 

専用サイズのシートがあるのはありがたいですね。気泡も入らずに簡単に貼り付けることができました。

 

キーボード・タッチパッド

キーボードは、OneMix4の最大の弱点ですね。

メインキーのキーピッチを確保することを優先しているため、周辺のキーがかなり変則的な配置になっています。よく間違えるのは、BackSpaceを押そうとしたら「@」が出てくるヤツ。Enterの上がBackspace……って指が覚えているので、つい間違えてしまいます。

f:id:fudsuki:20210515092613j:plain

 

あと、日本語キーボードなのに、変換・無変換キーがないので、普段変換キーで変換していると、変換できなくなります。ATOKキーバインドを変更する必要がありました。もちろん親指シフト化は不可能。

f:id:fudsuki:20210515092907j:plain

 

あと、全体的にキーストロークが深いせいか、しっかり押さないと時々すっぽ抜けが発生します。

とはいえ、メインキーはブラインドタッチも問題無くできるし、まあ慣れれば何とかなるでしょう、といった感じ。

使い勝手が良いのがタッチパッド。スペースが大きいので、とても操作しやすいです。二本指などのジェスチャー操作も可能。

 

熱・騒音

結構な頻度でファンが回ります。特に給電中。音は甲高めで、やや耳障り。動画を撮ってみたので参考にしてください。


www.youtube.com

 

底面もそこそこ熱くなりますが、触れないほどでは無いです。

 

充電

充電はUSB-PD (Type-C) からのみ。USB-Cポートは左右に計3つ付いていますが、充電に利用できるのは、左の2ポートのみとなります。

添付の充電器は45W出力。家には既に61WのUSB-PD充電器があったのでそれを使っていますが、問題無く充電できました。

USB-PDだけど18W出力のモバイルバッテリーではさすがに無理でした(Windowsが充電モードにならない)。

 

添付品

先行予約特典のスタイラスペン。Surface互換です。ONE MIXのロゴと、色もOneMix4に揃えてあるのは嬉しいところ。

個人的にはあんまりペンって使わないんですが、もらえる物はもらっておきます。

f:id:fudsuki:20210515105237j:plain

 

おまけその2。キャリングケース。紺色のフェルトで、当然ですがOneMix4にジャストフィット。ペンホルダーも付いているのが嬉しいですね。

f:id:fudsuki:20210515105520j:plain

余談ですが、このキャリングケースに入れた状態で、ジャストB5サイズ(薄い本と同じ)なので、カバンを探している人の参考になれば。

 

かなり理想に近いモバイルPC

自分のモバイルPC歴はかなり長く、いろいろな機種を使ってきました。その中でも、このOneMix4はかなり理想に近いモバイルPCと言えるかもしれません。

ちょうどいいサイズ感、綺麗な画面、パワー不足を感じさせないスペック、比較的打ちやすいキーボードとタッチパッド、かっこいい外観。

キー配列が変則的とか、カメラが付いていないとか、値段が高いとか、残念なところもありますが、今、モバイルPCを検討しているのなら、十分「買い」に値するPCだと思います。

 

 

西新宿ジャンクションでジャンクション夜景撮影デビュー

突然ですが、西新宿ジャンクションの夜景を撮影してきました。

以前に、ジャンクションの夜景撮影が面白い、という話を聞いたことを思い出したのと、最近三脚を使ってないなー、ということで、「ジャンクション 夜景 都内」とかで検索すると、いろいろ撮影スポットが出てくるのですね。

その中でも、西新宿がアクセスが良く、撮影もしやすい初心者向けのスポットのようだったので、夜を待って行ってきました。

 

 

西新宿ジャンクション

そもそもジャンクションとはなにか、というと、道路の合流地点。今回撮影の対象となるのは、高架になった複数の高速道路が合流する場所、ということになります。

場所は、京王新線初台駅東京オペラシティのすぐ近く。

電車によっては初台に止まらず新宿に直行してしまうので注意。

 

この日は、到着したのが午後7時ごろだったので、オペラシティの丸亀製麺で夕食を食べてから撮影場所に移動。1Fから歩いてすぐのところにあります。

ジャンクションの真下は、幹線道路(甲州街道と山手通り)の交差点になっていて、撮影ポイントは交差点の手前、4箇所になります。

 

撮影機材

カメラは、いつも通りFUJIFILM X-T30。

レンズは、調べたところ、ジャンクション撮影には広角レンズ! ということだったので、手持ちのレンズの中で最も広角になる、XF14mmF2.8 Rをチョイス。換算21mmの超広角単焦点レンズです。念のため、XF18-55mmも用意。

三脚は、VANGUARDのトラベル三脚、VEO2GO 235CBです。

三脚を購入した際の記事はこちら。

fudsuki.hateblo.jp

いざ、ジャンクション撮影

NTT側

まずは、一番広いスペースのNTT側で撮影開始。と言っても、奥の方はNTTの敷地のため撮影禁止だそうです(怒られた)。

f:id:fudsuki:20210504152351j:plain

f:id:fudsuki:20210504152819j:plain

f:id:fudsuki:20210504153131j:plain

f:id:fudsuki:20210504153335j:plain

 

吉野家

NTT側から甲州街道を渡ったところ、吉野家の手前になります。ここも比較的広め。

f:id:fudsuki:20210504153550j:plain

f:id:fudsuki:20210504153812j:plain

f:id:fudsuki:20210504153947j:plain

 

ターリー屋側

吉野家から山手通りを渡ったところ。カレー屋があります。このあたりがジャンクションの真下になるので、構図的にはちょっと難しい。

f:id:fudsuki:20210504154225j:plain

 

オペラシティ側

ターリー屋から、さらに甲州街道を渡ったところ。ここもほぼ真下なので、ちょっと難しい。

f:id:fudsuki:20210504154448j:plain

 

ジャンクション撮影は楽しい!

ジャンクション撮影、というか、ジャンクションという物をしっかり見たのは初めてだったのですが、なるほど、これは楽しい。

まず、頭上に超巨大構造物が重なっている、というのがなかなか非日常的な風景。また、広角レンズと言うこともあり、撮る場所を少し変えるだけでも意外と違う景色が見えてくるのです。

そして、地上の道路を走る自動車のライト。タイミングが悪い(両方とも赤信号で停止している)と、ただ車が止まっているだけの写真になるので、タイミングを合わせるのが結構難しかったです。7枚目のような、途中で切れてるのが撮れたときはちょっとラッキー。

気がつけば、1時間ほど撮影を続けていました。

 

都内にはまだいくつもジャンクションがあるようなので、気が向いたら他の場所も撮りに行きたいですね。

 

シンデレラガールズ 高森 藍子 てづくりのしあわせver. フィギュア

f:id:fudsuki:20210429144657j:plain

ついに、注文していた高森藍子フィギュアが届きました。

オーダーが始まったのが去年の9月で、2月発売予定が2回延期して4月末……長かった。

というわけで、簡単ではありますがご紹介を。

 

 

パッケージ

通販のダンボール箱を開けてまず思ったのが……「箱でけぇ!」

f:id:fudsuki:20210429145246j:plain

高さ28.5cm×幅22.5cm×奥行き20.5cm。隣に置いたのは、以前購入したEXQ高森藍子の箱です。でかい……。

気を取り直して、開封。パーツは、藍子ちゃん本体と土台のみ。土台の穴に足先の出っ張りを入れれば完成です。

 

全体

f:id:fudsuki:20210429150100j:plain

高さはおよそ20cm。ボリューム感たっぷりなスカートが目を引きます。

 

顔のアップ。ウインクに、お得意のフォトフレームのポーズがかわいい。

f:id:fudsuki:20210429150556j:plain

 

少し斜めから。

f:id:fudsuki:20210429150858j:plain

f:id:fudsuki:20210429150905j:plain

 

後ろ姿。

f:id:fudsuki:20210429151053j:plain

 

スカート周り。二重構造になっている、手の込んだ作りです。

f:id:fudsuki:20210429151552j:plain

f:id:fudsuki:20210429151751j:plain

 

なお、下着は白でした。写真は上げないので買って確かめてくれ!

 

小物など

花の髪飾り。

f:id:fudsuki:20210429152246j:plain

 

トイカメラ。首からぶら下げているだけなので、ある程度位置調整が可能です。

f:id:fudsuki:20210429152439j:plain

 

靴もしっかり作り込まれています。

f:id:fudsuki:20210429152639j:plain

 

EXQフィギュアと比較

EXQフィギュア高森藍子と並べてみました。

f:id:fudsuki:20210429154532j:plain

土台の厚さを引いても、「てづくりのしあわせ」のほうがだいぶ小さいです。

ハッキリと違いが分かるのかディティール。髪の毛やスカートのフリルなど、作り込みが半端ない。塗装も、EXQはほぼ白一色なのに対して、てづくり~はとてもカラフル。

これが値段差か……としみじみ思ってしまいました。EXQも決して悪くはないんですけどね。

 

藍子Pなら幸せになれる

というわけで、「高森藍子 てづくりのしあわせVer.」の紹介でした。

担当アイドルということで、どうしてもひいき目は出てしまいますが、とても良い出来だと思います。藍子Pなら、一家に一体、飾ると幸せになれると思います。お値段はかなりしますが……。

 

MONGOO カメラ用レザーストラップを購入 [2021/05/02追記]

f:id:fudsuki:20210420203526j:plain

カメラストラップは何をお使いでしょうか。

自分が使っているカメラは、FUJIFILM X-T30という、クラシカルな外観を持つカメラということもあり、レザー(革)のストラップを使ってきました。

ただ、使っている間に、色合いがイマイチ気に入らなくなっていったこと、金属パーツが多くてちょっとゴチャゴチャした印象がありました。手入れはしていたので、非常にしなやかなのは良かったのですが。

 

そんな時、何気なくクラウドファンディングサイト「Campfire」を見ていたら、見つけてしまったんですよ。ちょうどいい感じのレザーストラップ。

camp-fire.jp

モンゴル製のレザーという物珍しさ、そして早期割引で買えるお値段、ということでポチってしまいました。

 

で、先日、無事到着。さっそく、カメラに取り付けてみました。

f:id:fudsuki:20210420211700j:plain

デザインは非常にシンプル。金属パーツはバックルが左右に1箇所ずつだけ。レザーを繋いでいる部分は全て縫い合わせてあります。縫い目も綺麗。

色も明るく、かといって派手すぎない色合いです。また、新品ですがかなりしなやか。

中央部は幅5cmあり、多少重い機材でもいけそう。

 

実際に首から掛けてみるとこんな感じ。

f:id:fudsuki:20210420212900j:plain

100cmのタイプですが、ちょうどいい長さでした。斜めがけにするなら、ロングタイプの方がいいかも。

実際に写真を撮るときにも、邪魔になったりすることなく、快適に撮影できました。

 

ストラップを換えたところで、良い写真が撮れるわけでも無いのですが、アイテムひとつで気分が上がるのは大事ですよね。

あとは、使い込む&手入れでどう変化していくかが楽しみです。

 

公式サイトはこちら。

mongoo.net

[2021/05/02追記] 公式オンラインショップがオープンしたそうです。ストラップやバリンタグ(カメラカバー)の販売が始まっています。

mongoo.thebase.in

亀戸天神の春:藤棚

藤の花で有名な、東京の亀戸天神。今年はもう見頃を迎えているということで、平日に行ってきました。

kameidotenjin.or.jp

いい天気のせいか、平日だというのに結構な人出……。

f:id:fudsuki:20210418103945j:plain

 

鳥居をくぐると、すぐに藤の花が咲き誇っているのを見ることができます。

f:id:fudsuki:20210418104628j:plain

XF23mmF2 R WR

 

f:id:fudsuki:20210418105333j:plain

XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

 

スカイツリーも見えます。

f:id:fudsuki:20210418105549j:plain

XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

 

池にかかっている太鼓橋、という橋の上からは、藤棚を見下ろすことができます。

f:id:fudsuki:20210418105951j:plain

XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

 

藤棚の下から。幻想的な雰囲気に包まれます。

f:id:fudsuki:20210418110340j:plain

XF23mmF2 R WR

 

f:id:fudsuki:20210418110442j:plain

XF23mmF2 R WR

 

f:id:fudsuki:20210418110559j:plain

XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

 

f:id:fudsuki:20210418110856j:plain

XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

 

植えられている場所ごとに花の色が微妙に違っているのも面白いところ。

f:id:fudsuki:20210418111105j:plain

XF23mmF2 R WR

 

f:id:fudsuki:20210418111214j:plain

XF23mmF2 R WR

 

f:id:fudsuki:20210418111635j:plain

XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

 

藤の花とスズメ。

f:id:fudsuki:20210418111507j:plain

XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

 

花のアップ。

f:id:fudsuki:20210418111816j:plain

XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

 

f:id:fudsuki:20210418111942j:plain

XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

 

さすが都内有数の名所だけあって、見応えがありました。

レンズは18-135mmを持っていったのですが、わりと花までの距離が近いため、18-55mmのほうが良かったな、という印象です。望遠に振ることがあまり多くなかった。

 

日比谷公園の春:チューリップとネモフィラ

ようやく辛い花粉症のシーズンも終わりを迎えたので、ちょっと写真を撮りに出かけてきました。

場所は日比谷公園。チューリップとネモフィラが見頃だと聞いたので。

 

www.tokyo-park.or.jp

チューリップとネモフィラは、噴水近くの第二花壇に植えられています。

https://www.tokyo-park.or.jp/park/map/assets_c/2018/12/037_hibiya-thumb-575xauto-77411.jpg

 

この日持っていった機材は、FUJIFILM X-T30に、レンズとして超広角のXF14mmF2.8 R、標準単焦点のXF23mmF2 R WR、ズームのXF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR。最近はこの3本の組み合わせがメインになっている感じです。

フィルムシミュレーションはすべてVelviaで。

 

 

チューリップ

チューリップは、三つ並んでいる花壇の中央。ややピークは過ぎた感じで、少し枯れかかっている花もありましたが、赤・白・黄色の花が咲き誇っていました。

f:id:fudsuki:20210413112124j:plain

XF14mmF2.8 R

 

f:id:fudsuki:20210413113145j:plain

XF23mmF2 R WR

 

f:id:fudsuki:20210413113435j:plain

XF23mmF2 R WR

 

f:id:fudsuki:20210413113548j:plain

XF23mmF2 R WR

 

f:id:fudsuki:20210413114114j:plain

XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

 

f:id:fudsuki:20210413114242j:plain

XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

 

チューリップの間にいたスズメ。

f:id:fudsuki:20210413114420j:plain

XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

 

f:id:fudsuki:20210413114533j:plain

XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

 

ネモフィラ

ネモフィラは、チューリップ花壇を挟んで、左右2面に展開されていました。こちらはほぼ満開。

 

f:id:fudsuki:20210413122047j:plain

XF14mmF2.8 R

 

f:id:fudsuki:20210413122309j:plain

XF14mmF2.8 R

 

f:id:fudsuki:20210413122447j:plain

XF23mmF2 R WR

 

f:id:fudsuki:20210413122615j:plain

XF23mmF2 R WR

 

f:id:fudsuki:20210413125719j:plain

XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

 

f:id:fudsuki:20210413125858j:plain

XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

 

f:id:fudsuki:20210413130031j:plain

XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

 

ときどきミツバチが花の蜜を吸いに来ていました。

f:id:fudsuki:20210413130254j:plain

XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

 

タンポポの綿毛にフォーカスを合わせて。

f:id:fudsuki:20210413130520j:plain

XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

 

ツツジ

園内では、ツツジも良い具合に咲いていました。

f:id:fudsuki:20210413133020j:plain

XF23mmF2 R WR

 

f:id:fudsuki:20210413133131j:plain

XF23mmF2 R WR

 

f:id:fudsuki:20210413133238j:plain

XF23mmF2 R WR

 

f:id:fudsuki:20210413133325j:plain

XF23mmF2 R WR

 

f:id:fudsuki:20210413133421j:plain

XF23mmF2 R WR

 

他にも、様々な花が咲いていて、見応えがありました(藤はまだちょっと早かった)。都心のど真ん中にこういう施設があるのは嬉しいですね。今はコロナ禍で有料の公園はほとんどクローズになってるので特に。

 

そろそろカメラバッグ沼を終わらせたい(リュック編)

前回に引き続いて、カメラバッグの話。

fudsuki.hateblo.jp

日帰りであれば、ショルダーバッグひとつで済むのですが、複数日にまたがる旅行だとそういうわけにも行きません。着替えとか各種携行品がどうしても必要になりますからね。

 

 

リュックサック+インナーバッグ

とりあえず、今まで使っていたのは、ごく普通のリュックサック。

f:id:fudsuki:20210324153958j:plain

ここに

f:id:fudsuki:20210324154205j:plain

こういうインナーバッグを入れるのです。

中にはクッションと仕切り板があって、レンズを安全に持ち運ぶことができます。

 

カメラ本体は、こういうカバーで保護。

f:id:fudsuki:20210324154624j:plain

 

カメラに巻くとこんな感じ。

f:id:fudsuki:20210324154810j:plain

 

こういった物があれば、手持ちのリュックを使い回すことができるのは非常に便利です。

ただ、若干スマートさに欠けるのも事実です。カメラのリュックを開けてカバーを外して。しまうときもまたカバーを付けて……と。

あと、カメラ/レンズをリュック内で一番上に置く必要がありますので、荷物が増えた場合など、都度整理も必要になります。

 

Endurance Ext

上記の不満を解消すべく、最近買ったのが、こちらのカメラ用リュック、Endurance Extです。

f:id:fudsuki:20210324161405j:plain

 

このバッグについての詳細はこちら。

www.endurancecamera.jp

このリュックの特徴は、カメラ用スペースとその他の荷物用スペースが完全に分かれていることでしょう。

下半分を広げると、カメラやレンズを収納するスペースになっています。

f:id:fudsuki:20210324162046j:plain

 

サイドからのアクセスも可能。

f:id:fudsuki:20210324162108j:plain

フルサイズ一眼レフ+大型の望遠レンズが入ることを想定しているため、APS-CミラーレスのX-T30だと、少し持て余し気味な容量ではありますが、クッション仕切りを調整すれば、ガタつくことはありません。空いたスペースにはカメラ小物(バッテリーやクリーニング用品など)を入れるとちょうどいい感じです。

 

上部は自由に物を入れることのできるスペース。容積としては、さきのリュックにはかないませんが、1泊程度の衣類なら問題無く入る大きさ。ロールトップ構造になっているため、必要であれば容積の拡大も可能です。

f:id:fudsuki:20210324162251j:plain

 

小物を入れるポケットもあります。

f:id:fudsuki:20210324162409j:plain

 

また、タブレットを入れるスペースも独立してあります。Surface Pro 7が余裕で入る大きさ。

レインカバーも付属しています。

 

とりあえず手持ちの機材を全部入れてみましたが、担ぐ部分が十分に太く、クッション性も高いため、あまり重さを感じませんでした。

横からカメラ室にアクセス可能なので、カメラを取り出すだけならリュックを下ろすことなくできるのが便利ですね。レンズ交換はさすがに下ろして背面を開ける必要がありますが。

 

で、ここまで書いておいて何ですが……コロナ禍のせいで、まだほとんど持ち出せていません。

はやく気軽に旅行できる日が来て欲しいですね。