透明な七月

文月十一郎のブログです。趣味のことなどをつらつらと。

X-T30を触ってみた感想

この記事をシェアする

丸ノ内FUJIFILM Imaging Plazaで、X-T30の実機を触れたので、かるく感想。X-T20ユーザー目線の感想になります。

 

外観・操作性

・見た目はX-T20と変わらず。

・背面デザインの変更のせいか、X-T20より持ちやすく感じる。

・ただし、片手持ちでは、ジョイスティックやQメニューの操作は難しい。左手で支えてることが前提の操作系。

・タッチメニューは、意外と違和感なく使えた。メニュー表示後の選択も、タッチでそのままできる。ジョイスティックやダイヤルの使用も可。

・露出補正ダイヤルが少し硬いかも。

 

AF関連

・フォーカスの速さだけど、特にAF-Cで高速性を顕著に感じられる。AF-Sは体感できるほどの差は感じられなかった(T20でも十分速い)。

・画面端でも高速(像面位相差)AFが利くのは良い。

・フォーカス枠の大きさを、ダイヤルでシングルポイント~ゾーン~ワイド/トラッキングにシームレスに変更可能。これ便利。

・フォーカス枠極小も選択可能。T2にあって、T20になかった機能。

ジョイスティックでのAF位置変更は便利。

 

画質関連

・カラークロームエフェクト。背面液晶でも明確に違いがわかる。鮮やかなところが少し暗くなる代わりに、階調が増す。花写真撮る人は必須じゃないかこれ。

・モノクロ調整も面白い機能。温+9はセピアに近い。つまり、ACROSでセピアが撮れる。

 

現場からは以上です。