透明な七月

文月十一郎のブログです。趣味のことなどをつらつらと。

いつかのメモラージョ 聖地巡礼

この記事をシェアする

「ことのはアムリラート」の続編、「いつかのメモラージョ」、みなさんクリアしましたかー!? 私はつい先日クリアしまして。

というわけで、新たな舞台(デート先)となった、kamakuroのめい-げつ-いんに行ってきました。

 

f:id:fudsuki:20190414164219j:plain

 

作中でもあったとおり、最寄り駅は、鎌倉の一つ手前、北鎌倉駅。桜がちょうど満開を少し過ぎて、散り始めた頃でした。でも、見ての通りまだ綺麗。立ち並ぶ古い民家によく似合っています。

目的地までは随所に案内があるので、初めてでも迷うことは無いかと思います。徒歩10分ぐらいで到着。

f:id:fudsuki:20190414164820j:plain

 

入場料500円を払って中に入ると、そこには……。

f:id:fudsuki:20190414165535j:plain

おおお、ゲームと同じ場面だぁ!

ちなみに、ゲーム画面ではこう。

f:id:fudsuki:20190414165832j:plain

 

がんばってゲームっぽく色合いを調整。

f:id:fudsuki:20190414170253j:plain

 

作中では読めない漢字で「明月院」と書かれている石柱ですが、実際に書かれている文字は少し違っています。

f:id:fudsuki:20190414170822j:plain

そもそも風化が進んでいて読みづらい、というのもあるのですが、正面は「最明寺旧跡道」、左側面に「上杉管領屋敷 福源山明月院」と掘られています。

 

階段を上っていくと、本堂への参道が続きます。「あじさい寺」の通称の通り、道の脇にはたくさんのアジサイが植えられています。もちろん、シーズンではないので、花は咲いていませんが。代わりに、桜を始めさまざまな花が咲いていて、十分に見て楽しめます。

f:id:fudsuki:20190414171938j:plain

f:id:fudsuki:20190414172051j:plain

f:id:fudsuki:20190414172353j:plain

f:id:fudsuki:20190414172609j:plain

 

真昼の月が見えたので撮ってみました。

f:id:fudsuki:20190414172756j:plain

 

さて、山頂に着くと、すぐ右手にリスのおうちが見えます。どうやら、ここに住み着いているリスのようで、「めいじ」「しょうわ」などの名前が付いているようでした。かわいい……。

f:id:fudsuki:20190414173428j:plain

f:id:fudsuki:20190414173604j:plain

f:id:fudsuki:20190414173831j:plain

f:id:fudsuki:20190414174110j:plain

f:id:fudsuki:20190414174339j:plain

f:id:fudsuki:20190414174645j:plain

 

っと。リス撮影に夢中になってしまいました。ここから、後ろを振り向くと、目的地その2、ウサギ小屋がありました。

f:id:fudsuki:20190414175117j:plain

kunikloj、kunikloj! サラ、モモ、ネロ、と名付けられた3羽のウサギが飼われていました。個室住まいです。4羽分のスペースがありましたが、この日に居たのは3羽のみ。

f:id:fudsuki:20190414175836j:plain

f:id:fudsuki:20190414180009j:plain

f:id:fudsuki:20190414180145j:plain

 

余談ですが、この小屋、前面に細い金網が張ってあって、カメラのAFがそっちに合ってしまい、まともに撮ることができませんでした。仕方なく、初めてマニュアルフォーカスを使用。動く相手にMFは難しかった……。写真の白っぽいブツブツは、前ボケの金網です。

 

あと、小屋の出入り口は観光客が出入りできない背面にあり、しかも二重ドアになっているため、観光客がついうっかりウサギを開放する、ようなことはできない作りになっていました(たまたま、餌やりか掃除をしている係の人が居た)。よかったね、レイさん!

 

あと、飼われの猫がいました。めちゃ人慣れしてる。

f:id:fudsuki:20190414181304j:plain

 

さて、名残惜しいですが、動物エリアを離れて、本堂に向かいます。

f:id:fudsuki:20190414181734j:plain

 

本堂に背を向けると、枯○水の庭園があります(ネタバレ防止)。

f:id:fudsuki:20190414182256j:plain

 

少し進んだ先には、かやぶき屋根のお堂もありました。

f:id:fudsuki:20190414183204j:plain

 

木々には春の花も。

f:id:fudsuki:20190414182612j:plain

f:id:fudsuki:20190414182722j:plain

f:id:fudsuki:20190414183300j:plain

f:id:fudsuki:20190414183417j:plain

f:id:fudsuki:20190414183505j:plain

 

道なりに進むと、最初の場面で背景にあった、木造の階段にたどり着きます。

f:id:fudsuki:20190414184114j:plain

 

植えられた木の根元に生えた苔の上に、桜の花びらが舞い落ちていました。

f:id:fudsuki:20190414184427j:plain

 

ゆっくり歩き&撮影しながらで1時間ちょっとで回れる、それほど大きな場所ではありませんでしたが、見所は多く、十分に楽しむことができました。niktereŭtojと出会った場所だけは特定できず……。

聖地巡礼するなら、ちょうど今が最適だったのかな、と思います。ハイシーズンは、人だらけで撮影どころじゃ無さそうですし。

 

おまけ

帰りに、isogoも立ち寄ってきました。

f:id:fudsuki:20190414185621j:plain

ここもゲームで描かれた景色そのままですね。

なお、近くには周辺地図は見当たりませんでした。交番はあるので、そこで道を聞けばよかった気もしますが……慌てていたし、うまく話せなかったことにしておきましょう。

 

「ことのはアムリラート」の舞台、nova sugitoの聖地巡礼記事はこちら。

fudsuki.hateblo.jp