透明な七月

文月十一郎のブログです。

イヤホン OSTRY KC09 購入

オーディオ環境改善計画、その2! というわけで、イヤホンを買い換えました。

今まで使っていたのは、SONYのXBA-1SLというイヤホン。2012年に買った物です。これも値段(¥3,880)の割にはいい音だったのですが、やっぱりもう少し良い物が欲しい……。というわけで、1万円前後の価格帯のものを狙って、ショップに行きました。

さすがにネットの評判だけで1万円をポンと出せないので、ちゃんと聞き比べて……そして選んだのが、OSTRYというメーカー(知らない……)の、KC09というモデル。

 

【国内正規品】OSTRY KC09 MMCXリケー ブル対応イヤホン
 

 

ちょっとネットで調べたら、値段の割に非常に良い音で鳴るイヤホンを作っているメーカーだとか。

秋葉原のe☆イヤホンで、¥13,000。

 

開封

さて、まずパッケージの確認。パッケージは紙で覆われていて、わりとコンパクトです。

f:id:fudsuki:20171126183013j:plain

中はこんな感じ。MMCXというコネクタでケーブルを脱着できる仕様なので、ケーブルは繋がっていません。下の箱にケーブルが。上の小さい箱には交換用のサイズの違うイヤーピースが入っています。

f:id:fudsuki:20171126183240j:plain

試してみましたが、自分の耳には標準のMサイズがちょうど良いみたいです。

 

ケーブルをつなげたところ。なんというか、独特な形状。右は赤、左は青の差し色が入っていて分かりやすいです。

f:id:fudsuki:20171126183823j:plain

 

音質は……

さて、早速聞き比べてみましょう。プレイヤーは、SHARPスマートフォン、SHV34。CDからリッピングしたMP3音源です。ハイレゾは、このイヤホンも前のイヤホンも対応してないので、比較対象外(そもそも音源を持ってない)。

まず、真っ先に分かるのは、高音から低音までくっきりと聞こえると言うこと。前のXBA-1は、低音が貧弱でしたからねえ。低音も、強調しすぎている感じではなく、自然な響きです。そして、高音も美しく、伸びやかに響くのが分かります。そして、全体的に音に厚みが感じられ、それでいて個々の音は繊細に聞こえます。

普段聞いているのは女性ボーカル曲が多いのですが、ボーカルのきめ細やかさがXBA-1よりずっと良くなった印象です。

XBA-1の中に入っているBA(バランスド・アーマチュア)という方式のドライバー(スピーカー)は一般的に解像度の高さが売りなのですが(実際、悪くはない)、KC09はダイナミック方式のドライバーでありながら、XBA-1より確実にきめ細やかな音を出してくれます。

 

と、かなり満足していたのですが、これでゲーム(デレステ)をプレイしてみたら……音の厚みが薄い。CDソースの音源に感じられた厚みが感じられないのです。

ああ、これが高圧縮された音なのか……と、やっと分かりました。今までは、CDでもデレステでも、音質の違いは、はっきりとは分からなかったんですよ。それが、高音質のイヤホンにしたら、音の違いが分かってしまったという……。性能の良いイヤホンにもこんな弱点があるのですね。

 

ちょっとだけ残念なオチもありましたが、全体的には非常に満足感が高い買い物でした。

 

次は、テレビの音響を良くしたいところだけど、金はともかく場所が無いんだよな……。