読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

透明な七月

文月十一郎のブログです。

AMD RYZEN!

PC

AMDRYZENが3月3日に発売になり、ベンチの結果が良いのを見て、久しぶりに自作欲がむくむくと湧き上がってきたので、秋葉原へ。
で、ショップを見たら、まだ在庫があったので、サクッと買ってしまいました。

f:id:fudsuki:20170311141834j:plain

CPU:AMD RYZEN 7 1700(¥41,904 TSUKUMO.ex)
マザー:MSI B350 TOMAHAWK(¥15,530 BUYMORE)
メモリ:Crucial DDR4 8GB×2(¥13,800 BUYMORE)
合計:¥71,234(税込み)

自分は運良く買えましたが、RYZEN 1700はかなり売れてるらしくて、BUYMOREでは在庫無し。ツクモも少数入荷だったようです。

1700にした理由は、やっぱり値段と、CPUクーラー付きだったということ、TDPが65Wと低いこと。マザーについても、ゲーマーではないのでGPU2枚挿しとかやらないので、B350チップセットで十分と判断。

というか、それを言い出すと、CPUは4コア8スレッド程度でも十分すぎるんですが。8コア16スレッドはロマンですよ。ロマン。ぶっちゃけ、それだけで買ったような物です。

 

 まずは、買った物の写真など。

マザーボードMSIマザーボードは久しぶりです。

f:id:fudsuki:20170311213732j:plain

そして、RYZEN本体。

f:id:fudsuki:20170311214029j:plain

ピン本数が増えているため、細い! 簡単に折れたり曲がったりしそうです。怖い。

f:id:fudsuki:20170311214128j:plain

無事、ソケットに装着。このあたりは、昔のAM3までと変わりありません。

f:id:fudsuki:20170311214312j:plain

標準添付のクーラーは中央が銅、周りがアルミのフィン。グリスが既に塗られています。

f:id:fudsuki:20170311214437j:plain

 クーラーとメモリをマザーに装着。

f:id:fudsuki:20170311214944j:plain

 電源を入れると光ります。調光用の制御ケーブルも付いてきたけど、このマザーには対応するピンが無いっぽい。

f:id:fudsuki:20170311215137j:plain

というわけで、特に組立には困ることもなく、無事完了。

 

で、起動したら……OSを格納したSSDBIOSレベルで認識されない。ケーブルを抜き差ししたら直りましたが。

その後も、何度か起動する際にSSDが認識されない症状が出ています。うーむ。何度か電源を入れ直すと治るので、何か相性問題があるのかもしれません。

あと困ったのは、意外とポート数が少ないと言うこと。SATAポートは4ポートだけなので、SSDとHDD2台、BDドライブで全部埋まってしまいました。

また、背面にはUSB2.0×2(マウスとキーボードを接続)、USB3.1×3(ディスプレイとUSBスピーカーとスキャナ)で埋まってしまうという。TYPE-Cポートも一つあるけど、今のところ使い道が無いです。このへんは、適宜ハブを噛ましていく方向で。内部USB3.1ポートは2ポート余っているので、増設ボートみたいなのを出す方が良いかも。

 

とりあえず、OSはそのまま起動したので、早速タスクマネージャを表示。本当にコア数16個だ……。

f:id:fudsuki:20170311190353j:plain

 

さて、皆さんお待ちかねの、ベンチマークのコーナーです。

まずは、CPU-Zベンチマーク

f:id:fudsuki:20170311190354j:plain

Core i7-7700K比で、シングルスレッドは負け。マルチスレッドでは圧勝。クロック数とコア数の違いが、そのまま出ているような印象です。

 

次に、PCmark。ただ、比較対象が、以前使っていたPhenom II x4 965 (3.4GHz) なので、参考程度に見てください。メモリはどちらも16GB。DDR3とDDR4の違いはありますが。

f:id:fudsuki:20170313094719j:plain

f:id:fudsuki:20170313094729j:plain

全体的に、Ryzenのほうがスコアが良くなっています。特に「Video Chat Encording」は、Phenom IIから2.9倍ものスコアを叩きだしています。「Casual Gaming」も、フレームレートが1.3倍。他は、あまりコア数の多さが効かないせいか、そこまで大差は開いていない感じです。

 

次は、3DMarkの結果。こちらも、グラボがRadeon HD 7700という廉価カードなので、絶対性能は気にしないでください。

f:id:fudsuki:20170313095836j:plain

f:id:fudsuki:20170313095847j:plain

総合性能では、1.08倍。やっぱりGPUボトルネックになってますねー。特筆すべきは、「Physics Score」で、4959→15823と、3.2倍のスコアとなっています。ここはCPU強化が効いている感じ。

 

というわけで、新CPU、RYZENの組立からベンチまでを書いてみました。あと、普段使いしている限りでは、すごく静か! クーラーの性能もあるのでしょうが、TDP120W級だったPhenom IIから比べると、「無音」といっていいレベルになっています。

5年ぶりくらいにシステム総入れ替えしたので、いろいろ浦島太郎になっているところもありましたが、やっぱり自分で作るのは楽しいですね。

このあとは、BIOSとかいろいろチューニングして行きたいと思います。オーバークロックも試してみたい。