透明な七月

文月十一郎のブログです。

谷山浩子 猫森集会2016 ~Season15~

毎年秋に行われている、谷山浩子さんのコンサートシリーズ「猫森集会」に、今年も行ってきました。

Seadon15、というのは、15回目の開催ということで、ドラマ「相棒」にあやかって、付けてみたとのこと。

f:id:fudsuki:20160918221601j:plain

今回参加したのは、9/18のBプログラム(ゲスト:分島花音)と、9/24のDプログラム(ゲスト:新居昭乃)の初日、計2回。ゲスト目当てで絞った感じです。

 

 

9/18 Bプログラム(ゲスト:分島花音

今回のゲストは、分島花音さん。自分的には、アニメ「WIXOSS」のOPを歌っていた人、なのですが、その声は高音が綺麗な、私好みの歌声。なので、このゲストは面白くなりそうだ、と感じ、行くことにしました。

セットリストは下記の通り。
1. ポプラ・ポプラ
2. かくれんぼするエコー
3. 時の回廊
4. 夢のスープ
5. 満月ポトフー
6. チョコレート
7. ナイチンゲール
8. 黒猫とピアニストのタンゴ
9. 意味無しアリス
10. てんぷら☆さんらいず
11. 空からマリカが
12. きれいな石の恋人
13. まもるくん
14. 赤い靴
15. 穀物の雨が降る
16. ガラスの巨人
アンコール. 素晴らしき紅マグロの世界

1~4曲目は、浩子さん(とAQさん)のステージ。
2~4は、あまりゲストさんと歌わないであろう、頭ぐるぐるになる系の選曲。わりと最初からディープに飛ばしますね。
5曲目「満月ポトフー」は、最近「励ましソング」と言われているそうで。人間関係に疲れたときにとても効くそうです(わかる)。

6曲目から分島さん登場。6~8は、分島さんの歌。ちょっと緊張していたようですが、やっぱり綺麗な声。
9~10は、浩子さんの曲を、分島さんが選んで歌うコーナー。普段聞き慣れた浩子さんの曲が、イメージがらっと変わりますね。

11~12は、分島さんがチェロでの参加。分島さんと言えば、歌声とともに、チェロの演奏も聞き所のひとつなので、これもまた良かった。ピアノとシンセにチェロの音が加わると、一気に厚みが増します。

最後は浩子さんと分島さんのデュエットで4曲。特に、ラストの「ガラスの巨人」が素晴らしかった。
ふたりで歌いわけだったんですが、重なるように響くボーカルと、間奏で鳴るチェロの音が、切なさを盛り上げてくれました。

……アンコールは「感動を残さない」ために、紅マグロでしたが(笑)。

個性は違うものの、美しいボーカルがうまくマッチして、楽しいライブでした。
分島さんの選曲も、いかにも浩子さんらしい曲をついていて良かった。
歌声はかっこいいのに、トークになるとかわいらしくなる姿も印象的でした。

あと、浩子さんの今のマイブームは、シン・ゴジラらしいです。
分島さんも見ていて、シンゴジトークで盛り上がる二人。

 

9/24 Dプログラム(ゲスト:新居昭乃

新居昭乃さんもアニメ好きにはお馴染みといっていい歌手の一人。

 

セットリストは下記の通り。

1. ポンピィ・クラウンの片想い

2. 鳥籠姫

3. ピヨの恩返し

4. 猫のみた夢

5. 夢

6. 時の歌

7. 金色の目

8. 仔猫の心臓

9. 不思議なアリス

10. クルル・カリル(扉をあけて)

11. MOON GATE

12. 秘密の花園

13. 雨のアタゴオル

14. 悪魔の絵本の歌

15. 鼻の季節 屋根の上

16. 風になれ~みどりのために~

アンコール. トライアングル

 

1~5曲目は、浩子さんとAQさんのステージ。2~3は、鳥シリーズ(かつ、岩男潤子さん提供曲)、4~5は夢シリーズ。「夢」は、浩子さんの歌の中で一番怖いと言われているとか。

 

そして、6曲目から新居昭乃さん登場。6~8が、新居さんの歌です。

「時の歌」は、映画「ゲド戦記」で使われた歌ですが、この日歌ったのは、新居さんが作詞したオリジナル・バージョン。映画では、かなり宮崎吾朗監督の手直しが入り、残ったのは1行だけだったとか……。

 

9~11は、浩子さんと新居さんの二人ボーカル。かわいい系の歌を選んだ、とのことでしたが、不思議なアリスがかわいい歌とは思えない……。とはいえ、ふたりの歌声がハーモニーになって、とても綺麗に響き合っていました。

 

そして、12曲目「秘密の花園」は、なんと、このコンサートのために、新居昭乃作曲、谷山浩子作詞で作られた新曲!贅沢すぎる!新居さんの美しい旋律に、浩子さんのちょっと黒い歌詞が乗る……。ちょっとすごい時間でした。

 

終盤も、ふたりのダブルコーラスでの歌。ラストの「風になれ」は、新居さんが一番好きな歌ということで選んだ歌だそうです。これも輪唱による二人の歌声の響き合いが素晴らしかった!

アンコールの「トライアングル」は、新居さんがコーラスで参加したことがある曲だそうです。新居さん、浩子さんと出会ったときのことはあまり覚えていなけど、歌のほうはちゃんと覚えていたそうです(笑)。

 

 

そんなわけで、今年も猫森集会、楽しかったです。どちらも個性的なボーカルがゲストで、普段の浩子さんの歌とは違った、新しい一面が見えたような感じで、大満足です。

浩子さんは還暦を迎え、私自身もファン歴25年になるわけですが、まだ新しい楽しさを感じさせてくれる、猫森集会というコンサートが大好きです。これからも続けてくれると嬉しいですね。