読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

透明な七月

文月十一郎のブログです。

西尾雄太「アフターアワーズ」を読んでほしい3つの理由

百合 マンガ

先日、ネットを見ていたら、こんな記事が目に入ってきました。

『アフターアワーズ』を盛り上げます!!!!! - ヒバナブログ

 続刊は初夏刊行を目指し、制作を進めていたのですが.........

実は、続刊刊行の前に第1集をもっと広めなくてはならない、具体的にいうと、あと+5000部乗せなくてはならないという問題にぶつかったのです。

おおぅ……。ようするに、売れてないということですか。

自分が読んだのは単行本初版発売の時でしたので、結構前になりますが、印象深くて続きが楽しみだったんですよね。なので、続刊が出ないと悲しい……。

というわけで、良い機会なので、「アフターアワーズ」の魅力を語ってみたいと思います。

f:id:fudsuki:20160911114251j:plain

 1. 大人百合

会ったばかりなのに、ケイちゃんは、あたしがほしい言葉をぜんぶ知ってるみたい。

「アフターアワーズ」第1集 P26

主人公のエミ(表紙右)とケイ(表紙左)、ふたりとも大人。お酒だって飲めます。

百合マンガ界では、大人百合というのは少数派(やっぱり、学生・学校が舞台の作品が圧倒的に多い)のですが、ここ最近、注目を集めているジャンルでもあります。最近だと、アニメ化もされた「NEW GAME!」などもありますね。

ただ、仕事のシーンはほとんど出てこないので(エミに至っては無職だ)、社会人百合ともちょっと違う。話のほとんどは、二人の暮らすケイの部屋と、ふたりが出会ったクラブでのシーンです。

お互いに惹かれ合っている様子はしっかりと描かれていますが、恋愛にどっぷりハマるわけではなく、ふたりの関係を軸にして、新しい世界に触れていく楽しさが描かれています。

2. 新しい世界に触れていく楽しさ

わからない。でも、知りたいと思う。

「アフターアワーズ」第1集 P46

エミにとっては、ケイと出会ってからのことが新しい出会いの連続。ケイ自身もそうだし、ふたりが出会うきっかけになったクラブのこともそう。

ケイに誘われるまま、クラブのVJをやることになったエミ。ケイのDJに合わせて映像を作っていく役。初めてのことに対する戸惑いと、新しいことに触れる楽しさが描かれた、良いシーンです。

自分もクラブとかはほとんど知らない側の人間なのですが、「好き」が増えていく嬉しさは多くの人に共感できる部分かと思います。

3. 爽やかな描写と続きが気になる展開

あたしたちの長い夜はまだはじまったばかりだ。

「アフターアワーズ」第1集 P156

絵柄は全体的に爽やかで、ゆるい雰囲気。エピソードとしては楽しいだけじゃなくて色々ままならない部分も描かれていて、やっぱり大人なんだなー、と感じさせられます。

1巻は、まだエミがDJ/VJのさわりに入った程度で、本人はもっと深く入り込みたい様子。

また、エミ自身にも恋愛がらみでいろいろあるみたいなので、この先の展開が待ち遠しい。

 

というわけで、ちょっと大人で音楽な百合マンガ、「アフターアワーズ」の紹介でした。

PIXIVコミックで試し読みもできるので、まずは読んでもらいたい。そして、コミックスを買って2巻の発売を早く……なったらいいな、と。

comic.pixiv.net

アフターアワーズ 1 (ビッグコミックス)

アフターアワーズ 1 (ビッグコミックス)